topへ戻る

オンライン英会話おすすめランキング

オンライン英会話には失敗しない選び方があります

「本当におすすめできるオンライン英会話はどれなのだろう」、こんな思いから、有名なオンライン英会話10社以上の有料会員になり、実際に体験し、料金・内容・効果などを比較してみました。

 

オンライン英会話9社体験

 

世の中には、選ぶのが難しいほどの数のオンライン英会話があります。

 

10社以上のレッスンを有料会員として実際に受けて私が感じたのは、

 

世の中には使いづらいオンライン英会話がたくさんあるということです。

 

「上達する、効果がある」という話の前に、そもそも使い勝手が良いと言えるオンライン英会話の数は少なく、中には「こんなものか」という感じでガッカリするものもありました。

 

このような経験をしたことで、使いづらいオンライン英会話の特徴が私なりに分かってきました。

 

 

オンライン英会話の失敗しない選び方 〜こんなオンライン英会話は要注意!〜
講師数の少ないオンライン英会話に要注意

 

講師数が少ないオンライン英会話を使うメリットを私は感じませんでした。

 

なぜなら、自分が希望する時間に予約が取れないことが多いからです。

 

また、講師数が少ないことで、自分と合う講師を見つけられる可能性も低くなります。

 

傾向として、大手のオンライン英会話ほど講師数が多く、小さな会社のオンライン英会話ほど講師数は少なくなります。

 

 

料金が高い、料金が不明瞭なオンライン英会話に要注意

 

オンライン英会話の魅力は、やはり料金の安さです。

 

そのため、料金が高いオンライン英会話を使うとなると、オンライン英会話を使うこと自体のメリットがなくなってしまいます。

 

料金が高い分、レッスンの質も高いオンライン英会話ももちろんあります。

 

しかし、料金の差ほどレッスンの質に差が出るわけではなく、料金の安いオンライン英会話の方がコストパフォーマンは良いと感じました。

 

特に注意すべきは、料金体系が不明瞭だったり複雑だったりするオンライン英会話です。

 

一見、他社と金額の差がないようにも感じますが、ちゃんと計算をすれば料金が高いことが分かります。

 

料金の高さを隠すために不明瞭な料金体系を取っていると言って間違いありません。

 

 

レッスンの環境が悪いオンライン英会話に要注意

 

オンライン英会話ではレッスンの環境が重要になります。

 

レッスンの環境で確認するべきことは、あなたの相手となる講師がどこからSkype(スカイプ)をしているか、また、その周りに雑音がないかということです。

 

多くのオンライン英会話は、講師の自宅もしくは事務所からSkypeを接続します。

 

狭い事務所の中に何人もの講師が集まってレッスンをしているオンライン英会話のレッスン環境は、周りの雑音だらけで最悪です。

 

私が感じたところ、小さな会社のオンライン英会話ほど講師がいる事務所が狭いため、レッスン時の雑音がひどくなる傾向があります。

 

以上がオンライン英会話を選ぶ上で特に注意すべきことです。

 

これは、日常英会話、ビジネス英語、子供の英会話、TOEICや英検の試験対策など、どんな目的でオンライン英会話を使用する場合でも共通して言えることです。

 

こんなオンライン英会話を使用してしまうと、レッスンを通じてストレスを感じることがあります。

 

こうならないためにも、「会社規模が大きい業界大手のオンライン英会話を使用すること」を私はおすすめします。

 

オンライン英会話を使ったことがある多くの人が同じことを言いますが、会社規模が大きい業界大手のオンライン英会話を使用すれば、講師数が多く、料金が安く、レッスンの環境も心配ありません

 

 

絶対に失敗したくない人のためのオンライン英会話おすすめランキング


今現在、英語の初心者〜中級者程度で、日常英会話や旅行英会話など基礎的・実践的な英会話のスキルを身につけたい人におすすめなオンライン英会話のランキングになります。

 

レアジョブ

レアジョブレッスン風景

料金対象レベル講師数
139円〜初〜上級者とにかく多い
予約の取りやすさ予約可能時間レッスンの環境
必ず取れる6:00〜25:00問題なし
無料体験レッスン教材の金額教材の種類
25分×2回ありすべて無料とにかく多い
ビジネス英語対応TOEIC対応管理人の総合評価

評価5点

このサイトで紹介している全てのオンライン英会話を使用した結果として、今現在も私が唯一使っているのがレアジョブです。
業界シェアNO.1であり、1,000社を超える企業や教育機関にもレッスンを提供するなど、その実績もダントツで、小さな会社のオンライン英会話のような失敗は絶対にありません。
料金、講師数、予約の取りやすさ、レッスンの環境、教材の多さ、講師の質、講師からのフィードバックなどすべてにおいて抜群の安定感があります。
常に他の一歩前をいくサービスを提供しているのもレアジョブの特徴です。

 

無料体験レッスンの詳細へ

 

管理人の体験談へ

 

DMM英会話

DMM英会話レッスン風景

料金対象レベル講師数
138円〜初〜上級者とにかく多い
予約の取りやすさ予約可能時間レッスンの環境
必ず取れる24時間可問題なし
無料体験レッスン教材の金額教材の種類
25分×2回ありすべて無料とにかく多い
ビジネス英語対応TOEIC対応管理人の総合評価

評価4.5点

業界1位のレアジョブに追いつけ追いこせで、今すごく勢いがあるのがDMM英会話です。
会社として規模が拡大傾向にあるので、料金が下がるなどサービスが日に日に良くなっているのがとてもありがたいです。
料金についてはランキング1位のレアジョブよりも若干安く、予約の取りやすさやレッスンの環境、教材の多さなどすべてにおいて業界トップクラスだと感じました。

 

無料体験レッスンの詳細へ

 

管理人の体験談へ

 

産経オンライン

産経オンラインレッスン風景

料金対象レベル講師数
158円〜初〜上級者普通
予約の取りやすさ予約可能時間レッスンの環境
取れる5:00〜25:00問題なし
無料体験レッスン教材の金額教材の種類
25分×2回あり一部有料普通
ビジネス英語対応TOEIC対応管理人の総合評価

評価4.5点

ビジネス英語とTOEIC対策の両方に高いレベルで対応していることが産経オンラインの特徴です。
そのため仕事で英語が必要になる社会人におすすめなのが産経オンラインです。
日常英会話のレッスンの質も高く、日常英会話からビジネス英語まで一貫して学ぶことができます。
講師の指導力も申し分なく、安定的に効果の高いレッスンを受けることができました。

 

無料体験レッスンの詳細へ

 

管理人の体験談へ

 

hanaso(ハナソ)

hanasoレッスン風景

料金対象レベル講師数
167円〜初〜上級者普通
予約の取りやすさ予約可能時間レッスンの環境
取れる6:00〜25:00問題なし
無料体験レッスン教材の金額教材の種類
25分×2回あり一部有料普通
ビジネス英語対応TOEIC対応管理人の総合評価

評価4.5点

超人気英語講師の関正生(せき まさお)氏が教材の監修をしているため、レッスンで使用する教材のクオリティが随一なのがhanasoです。
そのため、英会話表現や英文法などを基礎から学びたい人におすすめです。
サービスも全般的に安定していて、高い効果が得られると感じました。

 

無料体験レッスンの詳細へ

 

管理人の体験談へ

 

QQEnglish(キューキューイングリッシュ)

QQEnglishレッスン風景

料金対象レベル講師数
137円〜(※1)初〜上級者普通
予約の取りやすさ予約可能時間レッスンの環境
取りやすい24時間可(※2)問題なし
無料体験レッスン教材の金額教材の種類
25分×2回ありすべて無料普通
ビジネス英語対応TOEIC対応管理人の総合評価

評価4点

カランメソッドという独自の学習方法で有名なオンライン英会話で、講師の質をウリにしているだけあって、講師の質が良いと感じました。
初回レッスン時に日本人スタッフによるサポートがあるので、英会話の初心者やパソコンが苦手な人にはありがたいと思います。
しかし、講師数が少ないのが少し残念だと感じたためランキングの5位としました。

 

無料体験レッスンの詳細へ

 

管理人の体験談へ

 

(※1)当金額のコースの場合、講師の指名予約はできません。
(※2)24時間予約可とされていますが、実際は6時〜25時までしか予約ができませんでした。

 

 

オンライン英会話の比較まとめ

日常英会話や旅行英会話など基礎的な英会話のスキルを身につけるために、上記のランキングで挙げた5つのオンライン英会話を使えば「失敗はない」と私は断言できます。

 

逆に、ここに挙げていないオンライン英会話は、私としては胸をはって「絶対におすすめです」とは断言できません。

 

実際にこれら5社と私が要注意と指摘するようなオンライン英会話の一般例を比較してみると、以下のようになります。

名前料金時間予約の
取りやすさ
教材講師の指導力
レアジョブ139円〜6〜25時
DMM英会話138円〜24時間
産経オンライン158円〜5〜25時
hanaso167円〜6〜25時
QQEnglish137円〜(※1)24時間(※2)
失敗例250円〜11〜24時×

(※1)当料金のコースは講師の指名予約不可。
(※2)24時間予約可とされていますが、実際は6時〜25時までしか予約ができない。

 

料金、時間、予約の取りやすさ、教材の質や量、講師の指導力を比較すれば、私がおすすめする5社との差が歴然と分かります。

 

もちろん、他の細かい要素については良いところもありますが、やはり業界大手のレアジョブやDMM英会話などが優れているのは間違いありません。

 

今では、どのオンライン英会話も無料体験レッスンを受けることができます。

 

まずはここに挙げた5社を中心に、何社かの無料体験レッスンを受講して、実際にご自身で使ってみた感覚をもってどのオンライン英会話にするか決定してみてください。

 

そうすれば、100%あなたにピッタリで上達できるオンライン英会話が見つかります。

 

オンライン英会話のお役立ち情報

 

ここから先は、レベル別や目的別におすすめのオンライン英会話のランキングと、オンライン英会話をはじめるにあたって知っておくべき情報、よくいただく質問に対する回答などをまとめています。

 

目次から読みたい箇所に移動し、読んで活用していただければと思います。

 

■目次

 

まったくの英語初心者でもオンライン英会話って大丈夫なの?

 

初心者

 

「中学の英語すら分かっていないというレベルの初心者ですが、オンライン英会話は難しいでしょうか?」

 

「昔から英語は苦手ですが、こんな私でも上達しますか?」

 

という質問をよくいただきますが、どんなレベルの初心者でもオンライン英会話を使って上達することは可能です。

 

さすがにフリートークは難しいですが、教材を使ったレッスンであれば、自分のレベルに合った教材を使うこと、サポートを受けることで、初心者でも問題なくオンライン英会話を使うことができます。

 

実際に、各オンライン英会話の講師に尋ねてみると、オンライン英会話ユーザーの50%程度が英語初心者だという回答をもらいます。

 

このように、オンライン英会話は英語の初心者でも全く問題ありません。

 

まずは教材を使ったレッスンで基礎を作ってから、フリートークへと進んでいきましょう。

 

無理せずじっくりと、講師のサポートを受けながら進めていくことが、英語初心者の上達のポイントになります。

 

まったくの初心者におすすめなオンライン英会話ランキング
ランキング1ランキング2ランキング3
レアジョブhanasoQQEnglish
レアジョブhanasoQQEnglish
講師の質が
日本人スタッフのサポート有り
教材の分かりやすさが日本人スタッフによる
初回カウンセリング有り
139円〜167円〜137円〜(※)
レアジョブ公式hanaso公式QQEnglish公式

(※)当金額のコースの場合、講師の指名予約はできません。

 

このランキングでは、「初心者でも不安なくレッスンを進められ、上達できるか」ということを最優先に考え、料金による評価の優先順位を下げています。

 

1位のレアジョブは、ユーザー数日本一、導入企業数1,000社以上という業界NO.1の実績のとおり、講師の指導力が安定して高いため、英語の初心者でも不安のないレッスンが受けられます。

 

さらには、無料体験レッスン時から「無料カウンセリング」があり、また、有料会員になってからも「安心サポート」というプランもあり、日本人スタッフのサポートやアドバイスを受けながら学習を進められるので安心です。

 

2位のhanasoについては、予備校で超人気の関正生(せき まさお)先生が教材の監修をしているため、他社と比較して教材が分かりやすいので、初心者でも問題なく進めることができます。

 

レアジョブのようにサポートはありませんが、サポートなしで進めていきたい人にはhanasoがおすすめです。

 

3位のQQEnglishもレアジョブと同様に講師の質が良いので、初心者におすすめです。

 

初回の無料体験レッスン時に日本人スタッフがカウンセリングをしてくれるので、現在の自分の英語力と、どのようなレッスンを受けるべきかが分かります。

 

「中学の英語すら分からない!」「これから英語をはじめる!」という人は、このランキングで挙げた3社から始めてみると良いスタートが切れると思います。

 

ネイティブスピーカーと話せるオンライン英会話

 

ネイティブスピーカー

 

ここまで説明した、主としてフィリピン人が講師を務める格安路線のオンライン英会話に対して、ネイティブスピーカーが講師を務めるオンライン英会話もあります。

 

ネイティブスピーカーとのレッスンにこだわる人は、この手のオンライン英会話を使用することになります。

 

長所としては、やはり生粋のネイティブスピーカーの発音のレッスンを受けられることです。

 

イメージとして、英会話スクールのオンライン英会話版になります。

 

そして、実際にスクールに通うのよりも料金が安く、自宅で好きな時間に受講できるなど利便性も良いです。

 

短所としては、やはり料金です。

 

ネイティブスピーカーのレッスンが受けられるオンライン英会話の料金は、フィリピン人講師などのノンネイティブのオンライン英会話に比べて10倍以上の価格設定になっています。

 

ネイティブスピーカーとのレッスンを優先するか、料金を優先するか、この2つを天秤にかけるわけですが、私は料金を優先した方が良いと自分の経験から考えています。

 

多くの人が勘違いしがちなことですが、ネイティブスピーカーだから指導がうまく、フィリピン人だから指導が下手ということはありません。

 

料金が安いのは物価の違いが理由であり、講師の指導力が理由ではありません。

 

そして、フィリピン人講師にはフィリピン人講師の強みがあり、私はそれを大きなメリットとして捉えています。

 

フィリピン人講師がネイティブスピーカーではないことは事実ですが、私たち日本人と同じ立場で、母国語とプラスして英語を身につけたわけなので、英語を学ぶということに関してプロです。

 

英語圏に生まれ、生活の中で自然と英語を身につけたネイティブスピーカーよりも、英語の学び方と指導力ではフィリピン人講師の方が、私たち日本人には役立ってくれると私は感じています。

 

フィリピン人の発音について、ネイティブスピーカーとの違いを気にする人もいます。

 

しかし、フィリピン人が身につけているのは標準的なアメリカ英語なので、この点もそれほど心配する必要はありません。

 

現代に英語を学ぶ私たちが英語で会話をする相手は、ネイティブスピーカーだけでなく、むしろ世界中のありとあらゆる国の人なので、昔ほどネイティブスピーカーとのレッスンにこだわる必要性がなくなっています。

 

求められるのは、世界中の誰ともでも通じる標準的な英語です。

 

そして、上達という面で考えれば、ネイティブスピーカーとのレッスンで金銭的な事情からレッスン回数の制約を受けるより、フィリピン人が講師を務める安いオンライン英会話でレッスンの回数を積んだ方が間違いなく上達します。

 

このような理由から、「自分はアメリカに住むんだ」「イギリスに留学するのだ」というように特定の国に対する目的がないのであれば、国籍を気にせず、世界で通じる標準的な英語を学ぶレッスンを安い金額で積み重ねることを私はおすすめしています。

 

すみません、私の意見を一方的に綴ってしまいましたが、もちろん私もネイティブスピーカーのレッスンを受けられるオンライン英会話も何社も受講した経験があるので、その中でおすすめを紹介します。

 

ネイティブオンライン英会話ランキング
ランキング1ランキング2ランキング3
vipabcECCオンライン英会話one to one
vipabcECCオンライン英会話one to one
世界的にシェア大
サービスが充実
安定感丁寧な指導
約2,000円〜(※)4,103円〜2,970円〜
vipabc公式ECC公式onetoone公式

(※)レッスンの形態によって金額が変動

 

上記のとおり、主としてフィリピン人が講師を務めるオンライン英会話と比較して、金額はかなり高く設定されています。

 

1位のvipabc(ブイ・アイ・ピー・エー・ビー・シー)は、アメリカのシリコンバレー発の世界的なオンライン英会話で、英米系のネイティブスピーカーが講師を務めます。

 

独自の指導方法、レッスンの録画が可能などの強みによって世界的にシェアを獲得しているオンライン英会話がいよいよ日本にやってきたという感じです。

 

今後、ネイティブスピーカーのオンライン英会話ではvipabcが主力になっていくと私は思っていますが、コースやレッスンの形態によって料金が変動するため、レッスンの料金が公開されていないのは少し恐ろしさがあります。

 

2位のECCオンライン英会話は、英会話スクールでおなじみのECCが提供するサービスで、実際にECCに通うのと同クオリティのレッスンを自宅にいながら割安で受けられます。

 

スクールに通ってネイティブスピーカーと向き合ってレッスンをするのより臨場感は劣りますが、レッスンの質・効果は間違いありません。

 

3位のone to oneはNTT系のサービスで、アメリカ・イギリス・カナダなどの国籍のネイティブスピーカーが講師を務めます。

 

サービスの質はvipabcやECCオンライン英会話と同等ですが、規模が小さいため、レッスンの予約の取りやすさでは劣るという感じです。

 

オンライン英会話でビジネス英語対策

 

ビジネス英会話

 

「仕事で英語が必要になったので、ビジネス英語を学ばなければなりません」

 

「就職のために、仕事で使える英語力が必要です」

 

これもここ最近多くいただく質問です。

 

ビジネス英語を学ぶ上でオンライン英会話は最適です。

 

理由としては、以下の2つがあります。

 

ビジネス英語にオンライン英会話が最適な理由
  • ビジネス英語に特化したコースや教材がレベル別に豊富にあるため、いかなるレベルの人でもいかなるシーンの英語でも対応できるようになる
  •  

  • 実際に仕事で英語を使うとなると、実践的な練習が必要になるが、オンライン英会話は低料金で実践的な練習ができるので、ビジネス英語と相性が良い

 

そして、各社の方向性としては、以下の3つになります。

 

オンライン英会話ごとのビジネス英語の方向性

 

通常料金の範囲でビジネス英語のレッスンも受けられる

 

ビジネス英語のコースや教材が用意されていて、通常料金の範囲でビジネス英語を学ぶことができます。

 

私が感じたこととして、「あくまでもビジネス英語も学べる」というレベルで、講師がビジネス英語に専門特化しているわけではありません。

 

そのため、各社によってレッスンの質に大きな差があると感じました。

 

その中でも私が良いと感じたのが産経オンラインです。

 

実際に多くのビジネス英語ユーザーが利用していることもあり、講師の指導力と教材、ともに優れています。

 

 

通常料金とは別料金だが、安価でビジネス英語専門の講師によるビジネス英語のコースのレッスンを受けられる

 

このタイプのオンライン英会話は多くはありませんが、コスト的にも効果的にも私がもっともおすすめしている形態です。

 

ビジネス英語まで指導できる講師は限りがあるため、簡単にはこのようなビジネスコースを提供できないというのが各社の本音だと思います。

 

私のイチオシはレアジョブです。

 

レアジョブはオンライン英会話シェア1位の最大手ゆえに、このようなコースを用意できるのだと思いますが、通常料金のコースでもビジネス英語を学ぶことができる上に、「ビジネス英会話コース」がプラス料金で用意されています。

 

ビジネス英会話コースでは、8段階のレベルに分けて、ビジネス英語の指導ができる講師からビジネス英語のレッスンを受けることができます。

 

投資コストに対する効果はこれがもっとも良いと私は感じています。

 

まずはレアジョブのビジネス英会話コースで実践的な練習の経験を積むことが近道です。

 

ちなみに、私もレベルアップのこのコースを受講しています。

 

 

通常よりも料金は高いが、ビジネス英語に特化したオンライン英会話で効果的なレッスンが受けられる

 

まさにビジネス英語専門のオンライン英会話という感じです。

 

私のおすすめはBizmates(ビズメイツ)です。

 

私の知人も利用していて、実際に社会人でビジネス英語を学ぶ人がもっとも利用しているのがBizmatesだと感じています。

 

コストは高くなりますが効果は高いです。

 

短期間でビジネス英語を身につける必要がある人におすすめです。

 

以上の内容をふまえて、ビジネス英語に特化したランキングを作るとこのようになります。

 

ビジネス英語のオンライン英会話ランキング
ランキング1ランキング2ランキング3
Bizmatesレアジョブ産経オンライン
Bizmatesレアジョブ産経オンライン
ビジネス英語に特化
ビジネス英語シェア1位
お得なビジネス英会話コース有り低価格で質の高い
ビジネス英語のレッスン
290円〜139円〜158円〜
Bizmates公式レアジョブ公式産経オンライン公式

 

順位を付けるとなれば、私はこのように評価をしますが、各社とも強みがあるので、どれが自分に合うかということが選択の基準になります。

 

TOEICや英検などの試験対策はどのオンライン英会話がおすすめですか?

 

TOEIC

 

これはあくまでも私の意見ですが、オンライン英会話でTOEICや英検などの試験対策をすることはおすすめしません。

 

理由としては、オンライン英会話は実践的な英語を学ぶ場であり、それに対し、TOEICや英検などの試験は学術的な英語を学ぶことが必要だからです。

 

つまりは相性が良くないということです。

 

もちろん、全く効果がないというわけではありません。

 

実践的な英語を学ぶことに比べるとオンライン英会話を使うメリットがあまりないということです。

 

スピーキングの力も測定されるTOEIC SWテストと、英語での面接が行われる英検の二次試験には有効ですが、それ以外はTOEICや英検専用の教材とCDを用意して、それで学習した方が効果的だと私は考えています。

 

しかしながら、各社がTOEICコースなどを用意して、TOEICについても学習することは可能です。

 

その中で、私がもっともおすすめなのは産経オンラインです。

 

産経オンラインの公式ホームページはコチラ

 

実際に社会人のユーザーが多く、TOEIC対策の教材も指導もしっかりとしています。

 

しかも、通常料金の範囲内でTOEIC対策のレッスンを受けることもできます。

 

子供用のオンライン英会話でおすすめはありますか?

 

「子供」と言っても何歳の子供かによります。

 

基本的な考え方として、中学生以上の年齢であれば、大人と同じオンライン英会話を使えば問題ありません。

 

親なしでも一人でレッスンを受けられるからです。

 

逆に小学生以下のお子様の場合は、親や兄弟と一緒にレッスンを受けられるような子供専用のオンライン英会話を使うことをおすすめします。

 

子供用オンライン英会話

 

このように子供専用のオンライン英会話としては、hanasoの子供版のhanaso kids(ハナソキッズ)が人気です。

 

hanaso kidsの公式ホームページはコチラ

 

(すみません、私は子供がいないので、実際に使ったことはありません。)

 

早い時期から英語にふれさせ、英語の感覚を養うということにおいて、オンライン英会話は重要な役割を果たします。

 

ただし、注意する点は、親がまったく関与せず、子供に丸投げ状態にしてしまうことです。

 

このような教育方針でうまくいっている人を私は見たことがありません。

 

当サイトについて

 

当サイトはオンライン英会話の選び方と活用方法について、日本で一番分かりやすい情報を提供することを目指して運営しています。

 

そのために、以下の3つのことをお約束します!

 

実際に体験することで分かった生々しい情報のみを提供!

 

当サイトで紹介しているのは、すべて私自身が実際に有料会員になって使い込んだオンライン英会話のみです。

 

そのため、実体験を通して分かった各社の生々しい情報を提供しています。

 

料金や受講可能時間帯など事実としての情報のみを掲載したサイトではなく、「実際に使ってみてどう感じたか」という感想がよく分かるのが当サイトの特徴です。

 

 

英語ができる私が各社のオンライン英会話を評価!

 

オンライン英会話についての口コミや評価はたくさんあっても、その中で英語ができる人の口コミや評価は多くはありません。

 

太っている人に「これを食べると痩せるよ」と言われても説得力がないのと同じで、オンライン英会話を選ぶなら、英語ができる人の意見の方が参考になります。

 

当サイトでは、TOEIC900点・英検準1級を保有し、英語講師として300人以上の指導実績がある管理人がオンライン英会話のレッスンを合計300回以上受けて分かったことをまとめています。

 

 

一人で複数社のオンライン英会話を試しているから比較が正確!

 

オンライン英会話の本当の良し悪しは、正確な比較をしなければ分かりません。

 

当然ですが、一人で複数社のオンライン英会話を使った人の評価でなければ、正確な比較とは言えません。

 

当サイトでは、私一人で複数社のオンライン英会話を受講しているため、各オンライン英会話同士の比較が正確にできています。

 

 

当サイトの管理人「英語お助けくん」からのメッセージ

 

管理人アバター

当サイトの管理人

「英語お助けくん」

 

オンライン英会話のある現代に英語を学ぶことができるあなたを私はとてもうらやましく思います。私が英語を覚えるまでの過程は、留学や英会話学校などお金があればネイティブスピーカーとも話すチャンスはありましたが、もちろんそのような経済的な余裕はなく、ひたすら自宅にこもってテキストとにらめっこという辛く、楽しくないものでした。

 

しかし、今ではオンライン英会話を使用すれば、自宅にいながら破格とも言える価格で外国人と英語を話す練習ができます。これは英語をマスターする大チャンスです。

 

逆にこのチャンスに行動をしなければ、周りからどんどん遅れをとってしまうことになるでしょう。そうならないためも、まずは無料体験レッスンを受けることでオンライン英会話の第一歩を踏み出してみてください。

 

自宅にいながら無料で受講できるためリスクはありません。そして、それをお助けするために、どのオンライン英会話を使用すればよいのかを当サイトでは詳しくまとめました。

 

とは言っても、元々は自分のためにこれほどたくさんのオンライン英会話を使用してきました。私は英語講師をしていますが、文法やTOEIC対策などの講義が多いため、日常的に英語を話す機会がなければ感覚が鈍ってしまいます。

 

だからこそ、私にとってオンライン英会話は英語力維持のためにも絶対に必要です。そして、どのオンライン英会話と自分は付き合っていくべきか、その答えを出すために2年かけて10社以上のオンライン英会話の有料会員になり、レッスンを受けてきました。

 

その答えを当サイトではまとめていますので、オンライン英会話を使用する前にはぜひ参考にしてみてください。

 

▲オンライン英会話おすすめランキングへ戻る

 

オンライン英会話についてのメール相談実施中

 

メール相談

 

当サイトでは、オンライン英会話についてのメール相談を無料で行っています。

 

  • これからオンライン英会話をはじめたいので、アドバイスがほしい
  •  

  • どのオンライン英会話が自分に合うかを教えてほしい
  •  

  • オンライン英会話の効果的な使い方について教えてほしい

 

上記のように、オンライン英会話について分からないことなどがあれば、当サイトの管理人「英語お助けくん」へお気軽にメールでご相談ください。

 

私の実体験を元に、現実的かつ的確な回答をさせていただきます。

 

▲オンライン英会話おすすめランキングへ戻る

 

英会話スクールと比較!オンライン英会話の便利さを実感しよう

 

ハッキリ言って、英語を学ぶ上でオンライン英会話は最強です。

 

それを実感するためにも、私が働いているような一般的な英会話スクールといろいろな項目で比較をしてみます。

 

【オンライン英会話と英会話スクールの比較表】

項目一般的なオンライン英会話一般的な英会話スクール
1レッスン25分の料金200円程度3,000円程度
入会金なし20,000円程度
その他費用なし教材など多数かかる
前払い・一括払い毎月払い一括払いが多い
料金体系の明瞭さ×
レッスン形態マンツーマンマンツーマンとは限らない
入会時の勧誘なししつこいことがある
退会時の引き止めなししつこいことがある
通う手間なしあり
服装部屋着でもOK着替える必要あり
レッスン時間好きな時間を選択できる固定が多い
直前でのレッスン予約×
レッスンのキャンセル
キャンセル時の再予約
レッスンの欠席リスクなしあり
講師数多い少ない
講師の選択権ありないことが多い
良い講師と出会える可能性高い低い
講師の変更いつでもできるしづらい
レッスンのカスタマイズ×
レッスンのレベルの変更×
レッスンの内容の変更×

 

全ての軍配がオンライン英会話に上がってしまうほど、オンライン英会話が優れていることが一目瞭然です。

 

一昔前はオンライン英会話がなかったので、スクールに通うか、留学をするかというのが英語を話す練習をするための方法でした。

 

しかし、今ではこんなにも便利で、学習者にとって都合の良いオンライン英会話が山ほどあります。

 

オンライン英会話のメリット-ベスト5

 

 

他の英語学習方法よりも圧倒的に料金が安い!

 

好きな時間にレッスンが受けられる!通勤など時間のムダがない!

 

毎日レッスン受講可能!量をこなせるので上達が早い!

 

自分のレベル・目的にピッタリなレッスンを受けられるので効果が高い!

 

講師の選択が自由!自分の好きな講師のレッスンを受けられる!

 

このように、オンライン英会話は他の英語学習方法や学習アイテムと比較して、圧倒的にメリットが多いです。

 

特に低料金で、軽い気持ちで実践的な英会話の練習ができるのはオンライン英会話ならではのメリットです。

 

これは英語を身につける上で、大チャンスなので、ぜひ無料体験レッスンから挑戦してみてください。

 

オンライン英会話のはじめ方・受け方

 

オンライン英会話をはじめることに対して、ハードルが高いと感じている人もいるようですが、実際のところものすごく手軽にはじめることができます。

 

オンライン英会話のレッスンは基本的に「Skype(スカイプ)」というインターネット電話サービスを用いて行います。

 

Skype

 

そのため、「スカイプ英会話」と呼ばれることもあるのですが、Skypeは無料でダウンロードでき、使用料も通常の使用範囲なら無料です。

 

準備するものは、パソコンやスマートフォン、タブレットなどインターネットの接続と閲覧ができる端末と、Skype用のヘッドセットだけです。

 

準備するもの

 

「パソコンがないからオンライン英会話はできない」ということを言う人もいますが、パソコンがなくても、スマートフォンさえあればオンライン英会話のレッスンを受けることができます。

 

また、Skype用のヘッドセットも電器屋やAmazonで探せば、1,000〜2,000円程度で買うことができます。

 

最安値のものを買っても、機能や音質が気になることもありませんし、スマートフォンならヘッドセットは必要ありません。

 

各社が無料体験レッスンを提供しているので、無料で試してみることができますし、有料会員になったとしても、レアジョブやDMM英会話などなら1レッスン150円程度です。

 

希望するオンライン英会話の無料体験レッスンをインターネットから申し込み、希望の時間にレッスンを予約するだけです。

 

レッスンの時間の前までにSkypeを立ち上げておけば、講師から友達追加のリクエストがきて、レッスンの時間になると講師からコールが入ります。

 

どの会社の予約画面も、パソコンやインターネットが苦手な人でも直感的に分かり、操作できるように作られているので、操作方法などをわざわざ学ぶ必要もありません。

 

実際に体験レッスンを受講すると、このことがよく分かります。

 

まさに低コスト気軽な気持ちではじめられるのがオンライン英会話です。

 

オンライン英会話のレッスンの内容について

 

オンライン英会話のレッスンの内容は大きく以下の2つがあります。

 

  • 特定のテーマについて講師と自由に話すフリートーク
  •  

  • 特定のテーマについての教材を使ったレッスン

 

このように2タイプのレッスンの内容があり、レッスンの内容や教材について、こちらが自由に指定することができます。

 

方法としては、レッスンの予約時に予約画面から内容を選択することもできますし、レッスン開始後に講師に希望を伝えることもできます。

 

教材は、無料体験レッスンに申し込むと、各社のホームページ上でレッスンの前に内容を見ることができるので、自分の希望の教材を探しておきましょう。

 

フリートークか教材を使ったレッスンか、どちらを選ぶべきか分からないという場合は、特に指定をしなくても、講師があなたの英語力から適切なレッスンの内容や教材を提案してくれます。

 

オンライン英会話はマンツーマンレッスンという形態なので、担当する講師が必ず導いてくれるため、このあたりは独学と違って安心です。

 

フリートークについては、本当に自由に友達と話すかのように英語での会話をすることもできますし、ビジネスの商談や電話などを想定したシミュレーション的な練習もできます。

 

教材を使ったレッスンについても、大手のオンライン英会話の方が充実している傾向はありますが、日常英会話、ビジネス英語、英文法、TOEIC対策、発音など多数のカテゴリがあり、そのカテゴリの中にも多数の教材があります。

 

そのため、いかなる目的で英語を学ぶ人にとっても、自分の目的に合う教材があると考えて大丈夫です。

 

そして、ここがオンライン英会話の魅力なのですが、講師とマンツーマンレッスンという形態ゆえに、レッスンの内容を自分専用のものにカスタマイズすることができます。

 

私がよくやっていたパターンとして、レッスンの前半は教材を使って英会話表現などを学習し、レッスンの後半はその英会話表現を使って体得するためのフリートークにしていました。

 

ひたすら「R」と「L」の発音の違いを学ぶレッスンにしたり、特定のシーンのみに特化したレッスンをしたりと、自分の希望どおりにレッスンの内容をカスタマイズすることができます。

 

傾向として、フリートークの方が難しく、教材を使ったレッスンの方がハードルは低いです。

 

そのため、初心者は25分のレッスンのうち、20分は教材、最後の5分はフリートークのような使いわけでもいいと思います。

 

実際にレッスンを受けて、自分の思いどおりにレッスンの内容をコントロールしてみてください。

 

オンライン英会話の効果って結局どうなの?

 

せっかくやるからには効果について考えるのは当然です。

 

オンライン英会話以外にも英語を学ぶ手段はたくさんありますが、中学や高校で座学中心の英語ばかりを学んできた日本人にとって、実践的な英語を学ぶオンライン英会話特に効果が高いと私は感じています。

 

日本人は英語が話せない、世界の国と比較して英語が苦手と言われているのは、単純に英語を話す練習をしていないことが原因です。

 

そのため、オンライン英会話で英語を話す練習を積めば、みるみると英会話のスキルが上がっていくことがよくあります。

 

反面、英文法や英単語など知識的な英語を学ぶことに対してオンライン英会話はあまり適しません。

 

理由としては、知識的なことは講師から英語で説明を受けるよりも、参考書などで日本語での解説とともに勉強をした方が理解がしやすいからです。

 

「英語が話せるようになりたい」「仕事で英語が必要」「海外旅行に行くために英語を身につけたい」というように、実践的な英語のスキルを身につけたい人に高い効果があるのがオンライン英会話です。

 

マンツーマンという形態のため、レッスン中にさぼることはできませんし、レッスンの時間をフルに自分のために使うことができます。

 

参考書や英語教材を使っての学習は、自分で自分を管理する必要があるため、「続かない」という人も多いですが、講師とマンツーマンレッスンのオンライン英会話では、講師についていきさえすれば、続けることは可能です。

 

このように、良い意味で強制力が働くため、これまで意思の弱さから英語の勉強を断念してきた人には続けやすい仕組みになっています。

 

また、英語にはスピーキング、リスニング、リーディング、ライティング、発音などのスキルがありますが、その中でもオンライン英会話でもっとも高い効果が得られるのはスピーキングです。

 

そして、スピーキングに次いでリスニングです。

 

レッスンのウエイトとして、自分が話す(スピーキング)7割講師が話す(リスニング)が3割程度になります。

 

英語に関するいずれのスキルをレッスンで学ぶにしても、レッスンは会話で行われるため、スピーキングとリスニングへの効果が高くなります。

 

オンライン英会話のフィリピン人講師って結局どうなの?

 

フィリピン人講師

ヨーロッパやアフリカ、アジア系の国籍の講師とのレッスンを提供しているオンライン英会話もありますが、講師の大多数はフィリピン人です。

 

そして、料金が安いゆえに、「本当に大丈夫なの?」というぐあいに講師に対する心配をする人がいるのも事実です。

 

これについて、私の中に明確な答えがあります。

 

オンライン英会話の講師は、フィリピンにおいて地位の高い職業であり、日本でいう東大に当たるフィリピン大学など、優秀な大学の卒業生や在籍生しかいないため、講師の英語力と指導力を心配する必要はありません。

 

レッスンの予約をするとき、講師を選ぶことになりますが、講師は自身のプロフィールとして、出身大学や専攻を公開しています。

 

そして、このような人材に対して、各社が講師としての教育をしているため、むしろ講師の質は高い傾向にあります。

 

さらに特筆すべきは、フィリピン人は英語のネイティブスピーカーではなく、私たちと同じように第二言語として英語を学び、習得しているということです。

 

つまりは、英語習得のノウハウを持っているということです。

 

私たち日本人と同じ第二言語という立場で英語を身につけたわけであり、その人から英語について学べるのは価値があります。

 

逆に英会話スクールなどは、ネイティブスピーカーというだけで大学を出ていない、英語以外の言語を学んだ経験がない(つまり、言語習得の勉強ノウハウがない)ということがよくあります。

 

料金について安いから心配という考えをする人もいるようですが、これは単純に物価の違いです。

 

フィリピンは発展途上中なので、今後、国としての経済力が上がれば、それに比例してオンライン英会話の料金も上がる可能性もありえます。

 

このような理由からも、オンライン英会話をはじめるのなら「今」がチャンスです。

 

また、フィリピン人講師の発音について、ネイティブスピーカーとは違うと気にする人もいます。

 

しかし、これについても以下の3つの理由から、私はほとんど気にする必要はないと考えています。

 

  • フィリピン人講師は世界中で通じる標準的な英語の発音をしている
  •  

  • ネイティブスピーカーよりも、ネイティブスピーカーではない英語話者の方が圧倒的に多い
  •  

  • アメリカ英語の発音、イギリス英語の発音にもフィリピン人講師は対応できる

 

ネイティブスピーカーではない私たち日本人が学校などで学ぶ英語は、世界で通じる標準的なアメリカ英語です。

 

フィリピン人も私たちと同じく標準的なアメリカ英語を学んでいるため、フィリピン人とのレッスンでは標準的な英語の発音で行われます。

 

また、世界を見渡したとき、純粋な英語のネイティブスピーカーは4.68%しかいません。(Wikipediaからデータを引用)

 

つまりは、95.32%は私たち日本人やフィリピン人と同じネイティブスピーカーではない英語話者ということです。

 

そして、4.68%の英語のネイティブスピーカーの中でも、アメリカ英語なのかイギリス英語なのか、それともオーストラリア英語なのかというように、どの国のネイティブスピーカーなのかは異なります。

 

(それゆえに、TOEICもアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダの4カ国のスピーカーの発音がリスニングでは出題されています)

 

このような理由から、特定の国のネイティブスピーカーの発音にこだわるのではなく、世界中の人に対して通じる標準的な英語の発音を学んだ方が今の時代には合っています

 

将来アメリカに住むとか、アメリカ人の彼氏と話すためのように、特定の国の英語に対する目的がある場合のみ、その国のネイティブスピーカーとのレッスンをおすすめします。

 

仮に特定の国の発音にこだわりがあるとしても、フィリピン人講師に対して、

 

I'd like to study American accent English?
アメリカ英語の発音を学びたいです。

 

Can you speak British accent English?
イギリス英語の発音で話せますか?

 

と希望を言えば、その発音でレッスンをしてくれます。

 

(講師によってはできないこともあるので、その場合は、他の講師のレッスンを受けましょう)

 

以上の理由から、フィリピン人講師の英語の発音について不安視することはないと私は考えています。

 

結局、私はオンライン英会話を使うべき?

 

あなたがオンライン英会話に合うか、合わないかは、以下の3項目によって判断することができます。

 

【◯】スピーキングやリスニングなど実践的な英語を身につけたい人
【×】文法や単語など、学問的な英語を身につけたい人

 

【◯】独学が苦手な人、講師に導いてほしい人
【×】独学ができる人、一人で勉強したい人

 

【◯】金銭的なリスクなく英語をはじめたい人
【×】お金をあまり気にせず、対面でのレッスンを受けたい人

 

◯が2つ以上の人はオンライン英会話がピッタリです。

 

逆に◯が1つ以下の人は、英会話スクールや教材など、他の勉強法の方が合っているはずです。

 

レアジョブかDMM、どっちからはじめるべき?

 

長々とつづってきましたが、「結局どのオンライン英会話を使えばいいの?」ということでまとめたいと思います。

 

業界2強は、ランキングでも1位と2位に挙げたレアジョブDMM英会話です。

 

もちろん、他社よりも良いサービスを提供しているからこそ、多くの生徒を獲得し、業界2強になったわけです。

 

そして、業界2強の規模があるからこそ、料金が安く予約が取りやすくコースと教材も充実していて…という強みがあります。

 

このような理由から、私が万人におすすめするのはレアジョブとDMM英会話です。

 

レアジョブDMM比較

 

では、レアジョブとDMM英会話ならどちらとなれば、私の答えはレアジョブです。

 

その理由は、それぞれの会社のスタンスにあります。

 

レアジョブは、オンライン英会話というサービスを作った会社で業界の先駆者です。

 

それに対し、DMM英会話はレアジョブを追従する形で登場しました。

 

レアジョブは、会社としてオンライン英会話を専門としていますが、DMM英会話は「オンライン英会話もやっています」というスタンスです。

 

電子書籍や動画配信などを主力事業とした会社であり、オンライン英会話のみを専門にしているわけではありません。

 

そのため、サービスの質という面でレアジョブが一歩先を行っていると感じています。

 

DMM英会話も業界トップクラスの評価ですが、ベストを求めるのならレアジョブです。

 

これからオンライン英会話をはじめる、結果を求めていきたいという人は、レアジョブの無料体験レッスンからはじめてみてください。

 

それが良いスタートになるでしょう。

 

レアジョブの無料体験レッスンはコチラ

 

※免責事項
当サイトは正確な情報のみを掲載しているつもりですが、万が一、情報に間違いなどがありましたらご連絡ください。確認後、すぐに訂正をいたします。

 

人気ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ