topへ戻る

レアジョブの評価と口コミ

レアジョブを実際に使ってみて分かったこと

レアジョブレッスン風景

無料体験レッスンの詳細へ

料金対象レベル講師数
139円〜初〜上級者とにかく多い
予約の取りやすさ予約可能時間レッスンの環境
必ず取れる6:00〜25:00問題なし
無料体験レッスン教材の金額教材の種類
25分×2回ありすべて無料とにかく多い
ビジネス英語対応TOEIC対応管理人の総合評価

評価5点

 

私のレアジョブ受講の証拠

 

 

レアジョブのレッスン実績

 

↑有料会員になり6ヶ月間で合計72回のレッスンを受講しました。

私が今現在も唯一使用しているオンライン英会話です。

 

レアジョブの特徴

 

 

レアジョブはオンライン英会話業界の先駆者であり業界最大手です。

 

「オンライン英会話」というサービスを作ったのはレアジョブ創業者の加藤智久さんであり、それを模倣するかのように続々と他のオンライン英会話が立ち上がりました。

 

常にオンライン英会話業界の先端を走っているレアジョブは、講師や教材の多さ、料金の安さや使いやすさなど、他社よりも総合的に一歩前を行くサービスを提供しています。

 

安心と安定感は業界トップクラスです。

 

Yahoo!で有名なヤフー株式会社やLINEを運営するLine株式会社など日本を代表する大手企業で導入された実績があることからも、その学習効果とサービスの質は裏付けされています。

 

レアジョブのおすすめのポイント

 

 

料金が安い

 

講師数が多いので予約が取りやすい

 

教材のレベル・内容などが豊富で全て無料で提供している

 

講師が指導慣れしている、講師の質が高い

 

大手企業や高校・大学などの教育機関への導入、受講者数など圧倒的な実績がある

 

レアジョブの残念に感じたこと

 

 

フィリピン人以外の講師とレッスンができない

 

レアジョブの料金について

 

 

以下の表に記載したコースがあり、それにプラスして、ビジネス英会話専門の講師のレッスンを受けられたり、日本人スタッフによるサポートを受けられたりというオプションの選択ができる料金体系になっています。

 

■標準コース

レッスン時間月額料金1レッスン当たりの料金
毎日25分6,264円202円
毎日50分10,476円168円
毎日100分17,280円139円
月8回プラン4,536円567円

 

業界トップクラスの料金の安さになっています。

 

■選択形式のオプション

内容追加料金内容
ビジネス英会話コース4,000円ビジネス英会話用の教材で、ビジネス英会話専門の講師のレッスン
TOEICコース980円TOEIC専用の教材で、TOEIC対策専門の講師のレッスン
安心パッケージ980円日本人スタッフによる学習アドバイス

 

補足ですが、ビジネス英会話コースを選択せず、通常のコースでもビジネス英語のレッスンは受講できます。

 

ビジネス英会話コースを選択することで、ビジネス英会話専用の教材を使用し、ビジネス英会話専用の講師のレッスンが受けられるようになります。

 

このように、ビジネス英会話に特化し、高い効果を目指したい場合に利用するのがビジネス英会話コースです。

 

ビジネス英会話を専門にしたオンライン英会話もありますが、それらと比べて安い料金設定で、ビジネス英会話に特化したレッスンを受けられます。

 

※金額は全て税込み価格を表示
※1レッスン当たりの料金は1ヶ月を31日として算出し、小数点第一位以下を切り捨て

 

レッスンの時間帯・休講日について

 

 

【レッスン受講可能な時間帯】朝6:00〜深夜1:00

 

【休講日】クリスマス、年末年始

 

レッスンの受講可能な時間帯も長く、休講日も少ないため、使いやすいです。

 

レアジョブレッスン風景

 

レッスンの予約の取りやすさについて

 

 

レアジョブは、オンライン英会話業界の最大手で多数の講師が在籍しているため、レッスンの予約がいっぱいで予約が取れないということが絶対にありません。

 

上にも述べたとおり、レッスンの受講可能な時間帯が長く、休講日も少ないため、レッスンを受けたいときに自由にレッスンを受けることができます。

 

他と比較できないほどレッスンの予約が取りやすいです。

 

講師について

 

 

レアジョブに在籍する講師はフィリピン人のみで、フィリピン大学など有名大学の出身者や在籍者に限られています。

 

他社も「フィリピン大学から講師を採用」とうたっていますが、レアジョブは業界の先駆者でシェアNo.1なだけあって、採用が他社よりも有利なためか、特に優秀な講師が多い印象を受けました。

 

講師の質ではレアジョブが一番です。

 

しかも、講師数が多いゆえに、いろいろな講師のレッスンを受けることができるので、自分と合う講師を見つけやすいのもレアジョブの良いところです。

 

レッスンの環境について

 

 

レアジョブは、レアジョブの事務所からのレッスンと、講師の自宅からのレッスンの2つのパターンがあります。

 

事務所からのレッスンの場合、事務所が広く、周りの講師の声が聞こえないようブース形式になっているので雑音の心配は全くありませんでした。

 

狭い事務所に講師が箱詰めかのように入っているオンライン英会話のレッスン環境とは大きく違います。

 

また、講師の自宅からのレッスンでも、周りに雑音がないレッスン環境を提供できるよう講師にしっかりと教育がされていると感じました。

 

教材について

 

 

レアジョブの教材は全て無料で使うことができ、レベルや内容など多種多様なものが用意されています。

 

教材のクオリティについては他と大きな差はありませんが、選択できる種類についてはレアジョブとDMM英会話がもっとも多い印象があります。

 

ビジネス英語・TOEICへの対応について

 

 

通常のレッスンでも、講師にリクエストをすることでビジネス英語とTOEICについても学ぶことができますが、ビジネス英語とTOEICを専門としたコースが用意されています。

 

追加料金は必要になりますが、これらのコースを利用すれば、低コストで高いレベルでビジネス英語とTOEICについても学ぶことができます。

 

これは他社にない、レアジョブならではのサービスです。

 

無料体験レッスンについて

 

 

無料体験レッスンとして、1回25分のレッスンを2回受講することができます。

 

レアジョブの無料体験レッスンの内容は、講師や時間の選択から教材まで有料会員のレッスン内容と全く同じものを体験することができます。

 

また、レッスン中やレッスン終了後に講師が有料会員への営業をしてくることもないので、安心して無料体験レッスンを受けることができました。

 

無料体験レッスンの詳細へ

 

レアジョブレッスン風景

 

レアジョブを使った感想と評価を口コミ!

 

オンライン英会話といえばレアジョブ、私はこう考えていますし、こう感じています。

 

私に限らず、「オンライン英会話を使おう」と考えたとき、レアジョブを考える人が多いと思います。

 

そもそもオンライン英会話は2007年にレアジョブが初めて提供したサービスです。

 

そして、企業として、オンライン英会話のみに特化してこれまで事業を行い、東証マザーズに上場までしています。

 

オンライン英会話の業界において、レアジョブは先駆者であり、シェアNo.1の業界最大手でもあります。

 

他社は、他の事業もやりながら、オンライン英会話も運営しているというスタンスが多いです。

 

この手のオンライン英会話は、先駆者のレアジョブを真似することで、サービスとしては良いものを提供して見かけは取り繕えても、英語の指導という面では穴があることは否定できません。

 

やはり、英語の教育事業一本のみに特化して長年やってきているレアジョブならではの強みを私は感じました。

 

料金、講師の数、講師の質、指導方針、教材の多さ、レッスン受講可能な時間帯、休講日の少なさ、レッスン環境など、どれをとっても安定してトップクラスです。

 

使って失敗ということは絶対にないし、私が自信を持って薦められるのがレアジョブです。

 

このような私の推薦を裏付ける事実として、レアジョブのこれまでの実績があります。

 

以下の画像はレアジョブの公式ホームページから引用したものですが、誰もが知るような大手企業でレッスンの導入実績があるそうです。

 

レアジョブ導入企業

 

このように大手企業をはじめ、日本全体で1,000社以上に導入された実績があります。

 

また、それに留まらず、小学校、高校、大学など教育機関での導入実績も多数です。

 

ハッタリではこのような実績を作ることができるはずもなく、やはり、業界トップのサービスを提供しているからこそ、このような実績を作ることができたのだと思います。

 

レアジョブを使用すれば、大手企業と同レベルの英語教育を受けられるというわけです。

 

レアジョブが掲げる英語教育の方針を一言で言えば、「とにかく英語を話す経験を積むこと」です。

 

この方針はレアジョブ創業者が書いた書籍に詳しく書かれています。

 

たしかに、日本の英語教育は、中学でも高校でも、受験を意識した内容になっています。

 

単語帳でひたすら英単語を暗記する、英文法を順番にすべて学習する、長文の読解をするなど、スピーキングとリスニングなど実践的な英語スキルとはかけ離れた内容です。

 

誰もが中学から高校まで週に3〜4時間も英語を学んだのに、まったく英語が話せない、これが現実ではないでしょうか。

 

なぜこれほど英語の勉強に時間を費やしてきたのに英語を話せないのか、それは単純に英語を話す練習をしていないからです。

 

レアジョブの英語教育の方針は、とにかく英語を話す・聞くという実践的な練習をしましょう、そうすれば英語は話せるようになりますというものです。

 

私もこの考えが正しいと思っています。

 

このような方針によって、低料金で毎日英語を話す練習ができるレアジョブは、英語が話せるようになりたい人にとって最適なオンライン英会話です。

 

レアジョブレッスン風景

 

実際にレアジョブを使うと、レッスンの予約からレッスンの受講まで手順はとてもシンプルです。

 

パソコンが苦手な人はどうしてもオンライン英会話となると億劫に感じるかもしれませんが、その心配もいりません。

 

もちろんスカイプをインストールする必要はありますが、レッスンの予約画面から好きな講師と時間帯をクリックして、レッスン内容をリクエストするだけ。

 

レッスン開始時間になると、講師からスカイプに友達申請のリクエストとコールが入り、レッスンを受講するだけです。

 

レッスン後は、レアジョブのマイページからレッスン履歴や講師からのコメントやフィードバックを見ることができます。

 

レッスン後のフィードバックがないオンライン英会話も多いので、このあたりは受講者としてはありがたいです。

 

やはり、レアジョブは業界トップレベルの講師数を誇っているので、講師選びがとても楽しいです。

 

性別やルックス、趣味や経歴など自分が興味を惹かれる講師のレッスンを受講することができます。

 

音楽に興味があるのなら音楽が好きな講師を選ぶことができますし、文学に興味があるのなら文学を大学で専攻している講師を選ぶことができます。

 

とはいっても、講師選びでもっとも大切なのは講師との相性です。

 

これは実際に自分で受けてみて初めてその講師との相性が分かります。

 

そして、講師数が多いゆえにレアジョブであれば必ず自分と相性の良い講師と出会うことができる、これもレアジョブの大きな魅力です。

 

このあたりも、シェアNo.1のレアジョブならではのメリットです。

 

講師の質、指導のうまさ、指導への慣れという点でもレアジョブはピカイチだと思いました。

 

それゆえに、私は今でもレアジョブを使用しています。

 

なぜ、レアジョブの講師が優れているのか、その理由もやはりレアジョブの実績や業界No.1という肩書にあると思います。

 

レアジョブの講師の採用方針は「フィリピン大学の卒業生を中心に優秀な人材のみを採用」ということです。

 

これと同じ採用方針の他社もあるため、実際には講師の質にそれほど差は出ないと思われます。

 

しかし、私たち日本人も中小企業よりも大手企業への就職を希望する人が多いのと同じで、フィリピン人も業界No.1というレアジョブに就職を希望する人が多いのだと思います。

 

構図として、優秀な人材ほど大手企業に入社する傾向があるので、レアジョブも必然的に優秀な講師が集まりやすいのでしょう。

 

ちなみに、フィリピン大学は日本の東大と同じで国内一の大学で、オンライン英会話の講師は職業として地位が非常に高いそうです。

 

レアジョブの講師は、生徒に話させようとする意識が強いため、生徒がたくさん英語を話すレッスンができます。

 

また、生徒の間違いや、発音などの改善点など、フィードバックもマメにしてくれます。

 

とにかく指導が丁寧、これがレアジョブの講師全体の印象です。

 

レアジョブレッスン風景

 

続いて、レアジョブの教材についてです。

 

教材は入門編・初級・中級・上級の4つのレベルが用意されています。

 

だいたい自分がどのレベルかは分かるかと思いますが、レッスン中やレッスン後に講師から「あなたのレベルは◯級です」のように評価をもらうことができます。

 

それに従って、レッスン用の教材を選ぶようにしましょう。

 

教材の種類も多種多様で、日常英会話、発音、文法、ディスカッション、ビジネス英会話、TOEIC、ニュース教材などがあります。

 

これほどのコースが用意されているオンライン英会話は他にありません。

 

そのため、幅広い人のニーズを満たしていますし、自分の成長に応じて教材のレベルを上げていくことも可能です。

 

また、これから英会話をはじめる人は、レッスンを受けるに際して不安に感じることが多々あります。

 

自分にこのレッスンの内容が合っているのか、どんな勉強方法で進めていけばいいのか、レッスン以外に何かやるべきことはあるか、初心者ほどこのような悩みや不安を持っているものです。

 

もし、あなた自身がこのような状態なら、「安心パッケージ」という追加オプションを使うことも有効です。

 

安心パッケージは1ヶ月980円と別料金ではありますが、毎月日本人のスタッフからレッスンに対するフィードバックやアドバイスをもらうことができます。

 

レッスン自体は英語で行われるのがオンライン英会話ですが、このように日本人のスタッフと話してサポートしてもらうことで、安心してレッスンを続けることができます。

 

(あくまでも、初心者、かつ、レッスンや学習に対する不安がある人向けのサービスなので、本音を言えば、多くの人には不要だと思いますが)

 

最近では、ビジネス英会話の習得を目指してオンライン英会話を使用する人が社会人を中心に増えてきました。

 

レアジョブでは、このようなニーズに対応するべく、1ヶ月4,000円の追加オプションで、ビジネス英会話に特化した教材を使い、ビジネス英会話専門の講師のレッスンを受けられるビジネス英会話コースもあります。

 

他社は通常料金の範囲内でビジネス英会話のレッスンも受けられるというシステムになっているところもありますが、やはり通常料金の範囲なので、決してビジネス英会話に強いわけではありません。

 

また、ビジネス英会話を専門としたオンライン英会話もありますが、一般的に料金は高く設定されています。

 

この中間がレアジョブのビジネス英会話コースというイメージで、プラス4,000円で質の高いビジネス英会話のレッスンが受けられるようになります。

 

全般的に講師のレベルが高いレアジョブの中の、ビジネス英会話を専門とした講師なので、指導がうまい上にビジネス英会話の指導に慣れていて、レッスンの効果としては高いです。

 

ちなみに、ビジネス英会話コースを選択した場合でも、通常の日常英会話のレッスンも受けられます。

 

そのため、ビジネス英会話と日常英会話を同時に鍛えることも可能です。

 

長々とつづってきましたが、世間からの評価や実績と同じく、私もオンライン英会話ならレアジョブが1番だと考えています。

 

もちろん、最近は競争が激しくなってきているので、部分的にはレアジョブを上回るサービスを提供するオンライン英会話も出てきました。

 

しかし、レアジョブの強みは、ずっとオンライン英会話のみに特化した事業を続けることで、培ってきた英語教育に対するノウハウです。

 

そのノウハウがレッスンに出ています。

 

結局は、「英語が話せるようになりたい」という目的でオンライン英会話を使うわけなので、やはり、レッスンの質が高い、効果的なレッスンを提供できるサービスを使うことを私はおすすめします。

 

仮に数円の違いで他社の方が料金で安いとしても、それは得られる学習効果に変えられるものではありません。

 

特に最近ではDMM英会話との比較をよくされる印象があります。

 

いろいろな事業の中でオンライン英会話もやっているというスタンスのDMM英会話と、オンライン英会話のみを事業としてやっているレアジョブです。

 

DMM英会話が提供するサービスに良いところは多いですが、やはり芯となる英語教育のノウハウという面では、レアジョブが上だと私は感じています。

 

そして、英語教育のみに特化して長年事業をやってきたからこそ、ダントツの英語教育のノウハウがあり、多くの企業や教育機関でもレアジョブのレッスン導入されているのだと思います。

 

このとおり、オンライン英会話ならやはりレアジョブです。

 

レアジョブでもっとも人気のコースは1日1回25分のレッスンのコースで、1レッスン当たりの料金はわずか187円です。

 

私はオンライン英会話がまだ普及していないときに英語を学んだため、この料金で英語を話す経験ができる今の時代に英語を学ぶ人をとてもうらやましく思います。

 

低料金ゆえに経済的な負担が少ないため、英語を話す経験をどんどん積むことができ、それが英会話力へとつながっていきます。

 

レッスンの効果の高さ、料金、予約の取りやすさ、教材の豊富さ、レッスン環境など、レアジョブはあなたの英会話習得に力強く貢献してくれるでしょう。

 

まずは25分×2回の無料体験レッスンからそれを実感してみてください。

 

無料体験レッスンの詳細へ

 

レアジョブレッスン風景