topへ戻る

文法や単語の学習はオンライン英会話ではしない

文法や単語は自分で学び、レッスンは会話に徹する

単語帳

 

オンライン英会話で文法や単語を学ぶのは賢いことなのか、この点についてここでは私の意見を述べていきます。

 

小さな会社が運営するオンライン英会話ではフリートークなどスピーキングの練習が主ですが、レアジョブやDMM英会話などの大手オンライン英会話ではスピーキングだけでなく文法や単語を学ぶレッスンメニューも用意されています。

 

そのため、スピーキングだけでなく文法や単語もオンライン英会話で学ぼうとする人がいますが、これは結論を先に申し上げれば賢い方法ではありません。

 

その理由について説明していきます。

 

文法や単語は日本語で学んだ方が効率的

 

中学や高校のとき、誰もが学校の授業で文法や単語を学習したはずです。

 

もしその時、授業がすべて英語で行われていたらどうだったでしょう?

 

きっと全く理解できなかったはずです。

 

日本語で学ぶことでさえ難しいと感じる文法や単語を、英語で学ぶとなるとさらに難しく感じてしまいます。

 

オンライン英会話で文法や単語を学ぶのはこれと同じことです。

 

オンライン英会話では、フィリピン人の講師が英語で文法や単語を説明するレッスンを行います。

 

文法や単語は、日本人から日本語で説明を受ける、もしくは日本語で書かれた教材で学ぶ、これが正しい方法です。

 

この方がはるかに理解がしやすいです。

 

英語での説明で英語を学ぶという学習方法は、すでに高い英語力がある人や幼少期に限って有効な方法になります。

 

初心者にはまったくもって非効率な方法になってしまいます。

 

教える講師側も難しい

 

タガログ語が母国語のフィリピン人が英語を用いて日本人に英語の文法や単語を教える。

 

これは講師としても簡単なことではありません。

 

ポイント1では生徒側の私たち日本人が難しいと説明しました。

 

それと同様に講師としても指導が簡単ではありません。

 

なぜなら、文法や単語を教えるとき、母国語との比較をよく用いるからです。

 

「日本語ではこういう意味ですが、英語では・・・」

 

「日本語の◯◯とは違って、英語では・・・」

 

「日本語の◯◯と同じような意味になります・・・」

 

「日本語の◯◯と同じような場面で使います・・・」

 

「日本語の◯◯のようには使いません・・・」

 

私自身もこのように日本語との比較を用いて文法や単語を生徒に教えていますが、日本語が分からない講師はこの手が使えません。

 

英文法の細かいニュアンスを教えるのは特に難しくなります。

 

やはり、教える側としても日本語という共通言語があった方が有利なのは間違いありません。

 

時間がかかるのでお金がもったいない

 

文法や単語の学習にはとにかく時間がかかります。

 

そして、オンライン英会話のレッスン料金も安いと言っても、お金はかかります。

 

そのため、文法や単語をオンライン英会話で学ぼうとすることはお金の面でも賢い方法ではありません。

 

日常英会話を身につけようと思えば、最低でも2,000語程度の単語力が必要です。

 

この2,000語をレッスンを通して身につけようと思えばどれほど時間がかかるでしょうか。

 

仮に1レッスン25分の中で10語覚えられたとしても、200回のレッスンが必要になるわけです。

 

文法となれば中学3年間、高校3年間の合計6年間も勉強してきたことを考えれば、さらに時間がかかることが分かると思います。

 

オンライン英会話は、あくまでも「英会話」の経験値を積むためのものです。

 

講師と英語で会話をすることが目的です。

 

そのため、学校の授業のような内容をオンライン英会話に期待してはいけません。

 

もし、学校の授業のような内容を期待するのなら、(私の勤務先のような)日本人講師のいる英会話スクールに通うことをおすすめします。

 

文法や単語を学ぶのには時間がかかりすぎるので、これらは自分で学び、オンライン英会話は「英会話」の練習をするようにしましょう。

 

また、レッスン中に知らない単語が出てきた場合も、その場で覚えようとするのではなく、その場ではメモだけしておくようにします。

 

そして、レッスン後にその単語を自分で復習して覚えるようにしましょう。

 

レッスン中にその都度、知らない単語や文法を覚えようとするのは時間の無駄でしかありません。

 

理由としては以上の3つですが、文法や単語は日本語で書かれた教材や日本人から学び、オンライン英会話では英会話の練習のみに集中しましょう。

 

これがオンライン英会話の効果的な使い方です。