topへ戻る

オンライン英会話のフィリピン人講師

オンライン英会話はなぜフィリピン人講師なの?

フィリピン人の講師

ここでは、オンライン英会話の講師はなぜフィリピン人なのか、また、フィリピン人の講師から英語を学ぶことは大丈夫なのかということについて説明していきます。

 

レアジョブやDMM英会話をはじめとするほとんどのオンライン英会話の講師はフィリピン人です。

 

英語を習うとなると、アメリカ人やイギリス人、オーストラリア人などのネイティブスピーカーをイメージする人が多く、なぜ徹底してフィリピン人なのか、果たしてフィリピン人の講師で大丈夫なのかという疑問を持つ人もいることでしょう。

 

前提として、オンライン英会話の魅力は英会話スクールなどと比較して低価格なことが挙げられます。

 

従来の学習法である英会話スクールなどは、アメリカやイギリスなどの英語を母国語とする国の講師とレッスンを行います。

 

アメリカやイギリスなどの英語を母国語とする国と日本の物価水準は差がないため、これらの国の講師のレッスンを受けるとなると、金額はそれなりのものになってしまいます。

 

そのため、多くの人にとってハードルが高い、十分なレッスンの回数を積めないなどの問題点がありました。

 

それを取っ払ったのがオンライン英会話です。

 

日本よりも物価水準が低く、かつ、英語を話す国に照準を絞り、その国の人を講師に起用することで、低価格帯を実現しました。

 

それにより、多くの人がたくさんのレッスンを受けられるようになりました。

 

このように、オンライン英会話の講師は「物価水準が低く、かつ、英語を話す国の人」という前提条件があります。

 

それに該当しているのがフィリピン人です。

 

しかし、フィリピンに限らず英語を話す国で日本より物価水準が低い国は他にもあります。

 

インドやスリランカ、パキスタンなどの国も英語を話すが物価水準が低い国です。

 

そんな中、なぜオンライン英会話はどこもフィリピン人を講師にしているのでしょうか?

 

そこには2つの理由があります。

 

フィリピン人がオンライン英会話の講師に最適な理由

 

  1. 発音になまりが少ない
  2.  

  3. 人柄が良く、講師として適任

 

「1」について、次の講義「オンライン英会話のフィリピン人講師の英語の発音は大丈夫?」で詳しく説明していますが、フィリピン人の英語の発音は大きな理由です。

 

先ほども挙げましたが、フィリピンに限らず英語を話す国で日本より物価水準が低い国は他にも多数あります。

 

そのような国と比べたときに、フィリピン人の英語の発音はなまりが少ないです。

 

元々はアメリカの植民地だったこともあり、標準的なアメリカ英語の発音をしているため、日本人が英語を学ぶ上では相性が良い傾向があります。

 

続いて、「2」についてです。

 

フィリピン人はとても気さくかつ社交的で思いやりがあり、相手を喜ばすことに幸せを感じる国民性をしています(もちろん個人差はあり)。

 

私は夜の世界のことは詳しく知りませんが、日本には多くのフィリピンパブがあり、日本人の男性とフィリピン人の女性が結婚するケースが多くあります。

 

これは、フィリピン人の女性が日本人の男性に対して、日本人の女性とは比べものにならないほど親切にしてくれることが理由のようです。

 

そのため、日本人の男性はフィリピン人の女性に惹かれていくようです。

 

(これを説明した「フィリピンパブ嬢の社会学」という書籍は興味深い内容です。)

 

事実として、私はこれまでオンライン英会話を通して何百人単位のフィリピン人と話しをしてきましたが、みなとても親切で社交的でした。

 

講師によっては、生徒から国際郵送でプレゼントをもらったり、実際にフィリピンまで会いに行ったりということもあるようで、やはり人に好かれる人柄をしているのがフィリピン人の特徴です。

 

このような人柄は、講師として適しています。

 

以上の2つの理由から、オンライン英会話では主にフィリピン人を講師として起用しています。

 

フィリピン人講師の英語力について

 

続いて、英語力の面でフィリピン人講師は大丈夫なのかという点について説明していきます。

 

フィリピンの母国語はタガログ語です。

 

そして、英語はタガログ語に次ぐ第二言語という位置付けになっています。

 

しかしながら第二言語といっても、ほぼネイティブスピーカーと同じようなレベルで英語を話し、運用することができています。

 

フィリピン人全員が英語を流暢に話すことができるというわけではありません。

 

ですが、オンライン英会話の講師はフィリピン大学など高学歴な人のみを講師として採用しているので、全員がネイティブレベルの英語を話せるわけです。

 

高学歴ゆえに講師としての指導力も長けています。

 

また、アメリカなどの英語を母国語とする国の講師ではなく、フィリピン人講師から英語を学ぶメリットがあります。

 

先述のとおりフィリピン人にとって英語は第二言語なわけです。

 

つまり、日本語が母国語で、第二言語として英語を学びたい私たち日本人と同じ立場なわけです。

 

だからこそ、フィリピン人から英語を学ぶメリットがあります。

 

母国語として英語を話す国の講師では、どうやって英語を学べばよいのかということを教えることができません。

 

それとは逆に、タガログ語という母国語がありながら第二言語として英語を身につけたフィリピン人講師であれば、どうやって英語を学べばよいのかということを教えることができるわけです。

 

純粋な英語ネイティブスピーカーではないが、英語を教えるプロなのがフィリピン人です。

 

このように、日本人がフィリピン人から英語を学ぶメリットはたくさんあります。

 

反面、日本人がフィリピン人から英語を学ぶデメリットはあるのでしょうか?

 

発音について気にしている人が多いので、それについては次の講義で詳しく説明していきます。

 

興味のある人はぜひ読んでみてください。

 

⇒オンライン英会話のフィリピン人講師の英語の発音は大丈夫?