topへ戻る

目的や目標を持ってレッスンを受講する

毎レッスン1つ目的や目標を持つことの重要性

目標

ここでは、オンライン英会話の毎回のレッスンに必ず目的や目標を持って臨むことの重要性について説明していきます。

 

オンライン英会話のレッスンは1回25分です。

 

初めてレッスンを受けると、何を話していいのか言葉に戸惑い、長く感じる25分ですが、慣れてくると25分はあっという間です。

 

初めて顔合わせをする講師の場合、自己紹介から入るのが定番ですが、自己紹介をお互いするだけで5分、10分と時間が経過してしまうこともあります。

 

だからこそ、毎回のレッスンからいかに得るものを多くするかを考える必要があります。

 

そこで私が提案しているのは、毎回必ず1つ目的や目標を持った上でレッスンに臨むということです。

 

発音に不安があるので、今日は「th」の発音について詳しく教えてもらい、マスターしよう

 

ビジネス英語を身につけたいので、ビジネスシーンでの自己紹介の仕方を教えてもらい、マスターしよう

 

教材のこのセクションをマスターしよう

 

このような感じで、毎回のレッスンで達成したい目的や目標を1つ設定するようにします。

 

ポイントは「1つ」ということです。

 

2つも3つもと欲張らず、1つだけ設定することで確実に目的や目標を達成することができるようになります。

 

むしろ25分のレッスン時間を考えれば、1つが限界でしょう。

 

そして、1レッスン1つを積み重ねていくことで大きな成長につなげることができます。

 

逆に、目的や目標を持つことなく毎回のレッスンをただこなしているだけでは、成長を感じることは簡単ではありません。

 

そうならないためにも、レッスンの開始時に、こちらから講師に明確に伝えるようにしましょう。

Today, I'd like to study the pronunciation of "th".
今日のレッスンでは「th」の発音について学びたいです。

 

Because, I am concerned about my English pronunciation.
なぜなら、自分の英語の発音に不安があるからです。

 

このように明確にこちらの目的や目標を伝えることで、講師も今日のレッスンのやるべきことが分かります。

 

こちらが明確に目的や目標を言わなければ講師も分かりませんし、言わなければ講師が思うままにレッスンの内容を決定し、進めてしまいます。

 

続いて、目標に対しての自分の現状を講師にしっかりと分かってもらうように、以下のようなフレーズを用いましょう。

First of all, I'd like you to check my pronunciation.
はじめに、私の発音をチェックしてほしいです。

 

現状が分かるからこそ、どのような指導をすればよいのかが分かります。

 

こちらが目的や目標を講師に明確に伝え、現状を知らせるというのがレッスンの効果を上げる王道的な方法です。

 

ここまでこちらが導けば、講師もプロなので、後はあなたの望みに合ったレッスンをしてくれます。

 

そして、その目的や目標に対する自分のアツイ思いも講師に伝えましょう。

 

「自分はビジネス英語を身につけて、世界に羽ばたいて活躍したいのだ」「発音ができなければ会社で恥ずかしい思いをしてしまう」など、英語で表現することは難しいかもしれませんが、こちらの思いは講師に転移します。

 

そうすれば、講師もアツくなり、より密度の高いレッスンができることでしょう。

 

学ばせてもらう立場だが、目的や目標は明確に打ち出し、レッスンの内容は自分でコントロールする、これが大切です。

 

たったこれだけのことですが、1レッスン1つを着実に積み重ねる人が長期的には勝つ世界だと私は思っています。

 

「レッスンはただ受けるものではなく、講師と一緒に創るもの」です。

 

目的や目標もなく、惰性でレッスンを繰り返すことはおすすめしません。

 

お金を払っているわけですし、毎回のレッスンに目的や目標を設定して、レッスンから得られる価値を最大化させましょう。