topへ戻る

レッスンの環境をチェックする

レッスンの環境はオンライン英会話を選ぶにあたって重要

料金の安さ

オンライン英会話を選ぶにあたって、講師の声が聞こえやすいかなどのレッスンの環境はとても重要になります。

 

英会話スクールであれば、講師と対面でのレッスンになるため、講師の声が聞こえづらいと感じることはほぼありません。

 

しかし、オンライン英会話では、「講師の周りにある雑音」と「スカイプの接続状況」がレッスンの環境に大きな影響を与えます。

 

当然ですが、講師の周りに雑音があれば講師の声が聞こえづらくなりますし、スカイプの接続状況が悪ければ音が途切れてしまうなどの問題が発生します。

 

そのため、これら2つのポイントはオンライン英会話を選ぶにあたってとても重要です。

 

そこで、まずは講師の周りに雑音がないオンライン英会話を選ぶ方法を説明していきます。

 

オンライン英会話は、運営会社によって講師の就業場所が異なります。

 

  1. 講師が事務所にいてレッスンを行うオンライン英会話
  2.  

  3. 講師が自宅にいてレッスンを行うオンライン英会話
  4.  

  5. 講師が自宅もしくは事務所にいてレッスンを行うオンライン英会話

 

講師が事務所にいてレッスンを行う場合と、講師が自宅にいてレッスンを行う場合、レッスンの内容自体は同じでも、レッスンの環境は大きく変わってきます。

 

講師が自宅にいてレッスンを行う場合、講師はだいたい自分の部屋など静かな環境にいますので、講師の周りに雑音があることはありません。

 

しかし、講師が事務所にいてレッスンを行う場合、運営する会社によってレッスンの環境は大きく変わってきます。

 

なぜなら、非常に狭い事務所に多数の講師がいて、それぞれが同時にレッスンを行っている場合があるからです。

 

通常のオンライン英会話では、事務所が広々としていたり、講師同士が個室やブースで区切られていたりという状態でのレッスンになるため、雑音を心配する必要はありません。

 

それに対し、狭い事務所にたくさんの講師がいてレッスンをしているオンライン英会話では、別の講師が話している声が聞こえてくるので、レッスンに集中することが難しくなります。

 

私が「周りの音がうるさくて聞こえない」と伝えても、事務所が狭いので講師としてはどうしようもなく、そのまま雑音の中でレッスンを受けることになりました。

 

当然ですが、まともなリスニングはできません。

 

こういうオンライン英会話を選んでしまうと最悪で、レッスンを受けるたびにストレスがたまってしまいます。

 

それでは、どうすれば雑音のあるオンライン英会話を避けられるかといえば、講師が自宅からレッスンを行うオンライン英会話か大手が運営するオンライン英会話を使うことです。

 

講師が自宅にいて自宅からレッスンを行うオンライン英会話であれば、講師の周りに雑音はほとんどありません。

 

また、大手が運営するオンライン英会話の場合は、事務所が広々としていて、個室やブース状になっているため、レッスン中に周りの音が気になることはありません。

 

逆に、小さな会社が運営するオンライン英会話や、新しくできたばかりのオンライン英会話の場合は資本力がないためか、狭い事務所に講師がぎゅうぎゅう詰めになってレッスンをしている場合が多く、レッスン中の雑音が気になりました。

 

このような理由から、レッスン中の雑音を避けるのであれば、大手のオンライン英会話を使うべきだと言うことができます。

 

そして、ほぼ全てのオンライン英会話で無料の体験レッスンを受けることができるので、まずは体験レッスンを受けて、自身でレッスンの環境を確認してみてください。

 

そうすればレッスンの音声の環境で失敗することはありません。

 

続いて、スカイプの接続状況について説明していきます。

 

オンライン英会話はスカイプを使用してレッスンを受けるため、スカイプの接続状況に問題があると、まともなレッスンを受けることができません。

 

だからこそ、スカイプの接続状況が重要になります。

 

しかし、「弊社はレッスンの環境、音質の良さがウリです」のようなアピールは全くアテになりません。

 

なぜなら、同じフィリピン国内で同じスカイプを使用しているため、音質に大きな差が出ることはないからです。

 

もちろん、電力供給を安定させるなど各社ができる努力もありますが、通話品質はスカイプ側の問題であり、それに対して大きな影響を与えることはできないはずです。

 

仮に各社が通話品質向上のためにできる通信技術的な努力があったとしても、それに割ける費用は大手の方が大きいと考えるのが妥当でしょう。

 

このような理由からも、やはり大手オンライン英会話が有利です。

 

「弊社はレッスンの環境、音質の良さがウリです」というアピールは言ったもの勝ち的なところがあり、実態が伴っていないと私は感じました。

 

このようなアピールは、評価のポイントにはなりません。

 

スカイプのレッスン環境は天候などによって影響を受けることがあるので、その場合の対処方法を知っておくことが重要です。

 

スカイプの音声が乱れて声が聞こえない状況が続いたら、まずは通話を一度切ってみることです。

 

そして、再度接続すれば音声の聞こえが良くなります。

 

このときは以下の英会話フレーズを使いましょう。

I'm going to restart my Skype.
スカイプを再起動してみます。

 

それでも良くならない場合は、ビデオカメラをオフにしてみましょう。

 

ビデオカメラをオフにすることで、音声のみでの接続になるため、接続状況が安定します。

 

このときは以下の英会話フレーズを使いましょう。

I'm going to turn off the video.
ビデオカメラをオフにしてみます。

 

The connection is bad. So can we turn off the video?
接続状況が悪いのでビデオカメラをオフにしませんか?

 

相手の表情が分からないビデオカメラなしでのレッスンは、確かに不慣れな面はありますが、音声が途切れるのよりは良いと思います。

 

このような手順を取れば、スカイプの音声が問題でレッスンが受けられないことはないはずです。

 

それでも接続状況が改善されない場合は、あきらめ、代替レッスンの依頼をしてみましょう。

 

レアジョブやDMM英会話は、このような場合の代替レッスンをしっかりと提供してくれます。

 

次はオンライン英会話の選び方その3として、「実際に無料体験レッスンを受けて判断する」ということについて説明していきます。

 

オンライン英会話の選び方その3:実際に無料体験レッスンを受けて判断する