topへ戻る

QQEnglishの評価と口コミ

QQEnglishを実際に使ってみて分かったこと

QQEnglishレッスン風景

料金対象レベル講師数
460円〜初〜上級者普通
予約の取りやすさ予約可能時間レッスンの環境
取りやすい24時間可(※)問題なし
無料体験レッスン教材の金額教材の種類
25分×2回ありすべて無料普通
ビジネス英語対応TOEIC対応管理人の総合評価

評価4点

(※)24時間予約可とされていますが、実際は6時〜25時までしか予約ができませんでした。

 

私のQQEnglish受講の証拠

 

 

QQENGLISHのレッスン実績

 

↑有料会員になり2ヶ月間で合計16回のレッスンを受講しました。

 

QQEnglishの特徴

 

 

QQEnglishは、レアジョブやDMM英会話などの大手有名オンライン英会話とは違ったコンセプトをしています。

 

他と比較して料金は安いわけではありませんが、カランメソッドという学習方法を用いたレッスンと講師の質が良いことが大きな特徴です。

 

英会話学校ほどの料金は支払えないが、高品質のレッスンを受けたいという人にピッタリのオンライン英会話だと感じました。

 

QQEnglishのおすすめのポイント

 

 

カランメソッドというスピーキングに特に効果の高いレッスンを受けられる

 

しっかりと訓練されている経験豊富な講師のレッスンを受けることができる

 

発音の良い講師が多いと感じた

 

QQEnglishの残念に感じたこと

 

 

料金の設定が少し高め

 

24時間レッスン可能となっているが、実質的には6時〜25時までしかレッスンの予約ができない

 

QQEnglishの料金について

 

 

QQEnglishは、通常のオンライン英会話のように毎日何分のレッスンというコースと、ポイント制のコースがあります。

 

毎日何分のコースの料金

レッスン時間月額料金1レッスン当たりの料金
毎日25分6,242円

201円
毎日50分10,454円168円
毎日100分17,064円137円

※金額は全て税込み価格を表示
※1レッスン当たりの料金は1ヶ月を31日として算出し、小数点第一位以下を切り捨て

 

毎日何分のコースをQQEnglishでは「毎日プラン」と呼ぶのですが、このコースは講師の指名予約ができないので注意が必要です。

 

 

ポイント制コースの料金

基本料金ポイント1レッスン当たりの料金
3,980円400ポイント498円〜
追加料金ポイント1レッスン当たりの料金
2,100円200ポイント520円〜
10,800円1,100ポイント490円〜
54,000円

7,500ポイント

359円〜
108,000円17,000ポイント317円〜

※金額は全て税込み価格を表示
※1レッスン当たりの料金は1レッスン50ポイントの講師の場合で算出

 

ポイント制コースのことをQQEnglishでは「月会費プラン」と呼びます。

 

上記の表の基本ポイント(有効期限1ヶ月)を購入し、足りなくなったら追加ポイント(受講中は有効期限なし)を購入するという仕組みです。

 

講師によって1レッスン当たりのポイントが50〜75ポイントの範囲で決められていて、レッスンを受講するとそのポイントを消費することになります。

 

「月会費プラン」を受講の場合は、講師を指名した予約ができます。

 

レッスンの時間帯・休講日について

 

 

【レッスン受講可能な時間帯】24時間

 

24時間予約可能となっていますが、深夜1時〜早朝6時の時間帯にレッスンの予約をできたことが私は一度もありませんので注意してください。

 

そもそも、深夜1時〜早朝6時の時間帯に予約可能な講師がいません。

 

【休講日】クリスマス、年末年始、フィリピンの祝日

 

QQEnglishレッスン風景

 

レッスンの予約の取りやすさについて

 

 

予約が取れないことは基本的にありませんでした。

 

しかし、業界大手のレアジョブやDMM英会話ほど講師数が多いわけではないので、それらほど自由に予約が取れるわけではありません。

 

人気の講師の予約は特に取りづらいので、早めの予約をおすすめします。

 

毎日何分という「毎日プラン」の場合は、そもそも講師の指名予約ができません。

 

講師について

 

 

QQEnglishはオンライン英会話だけでなくセブ島留学のサービスも提供するなど、運営母体が本格的な英語の教育機関です。

 

このように本格的な英語の教育機関だからこそ、講師の質をウリにしています。

 

私も受講してみて、たしかに講師はレッスン慣れしていて指導がうまいと感じました。

 

講師によってレッスンの質に大きな差があることもなく、安定している印象もありました。

 

講師によって消化されるポイントが異なりますが、やはりポイントの高い講師は発音がうまいなど、高いだけの理由があります。

 

セブ島を本拠地にしているとおり、在籍する講師はフィリピン人のみです。

 

レッスンの環境について

 

 

QQEnglishは、QQEnglishの事務所からのレッスンと、講師の自宅からのレッスンの2つのパターンがあります。

 

私の経験では、ほとんどの場合がQQEnglishの事務所からのレッスンでした。

 

レッスンの環境は悪くはないものの、わずかながら横で別のレッスンをしている講師の声が聞こえてきてしまうことがありました。

 

しかし、気になるほどではありません。

 

教材について

 

 

QQEnglishの教材は全て無料で使うことができます。

 

レアジョブやDMM英会話ほど教材の種類が多いわけではありませんが、日常英会話からビジネス英語、旅行英会話、TOEIC、英単語、発音、ニュース記事などとニーズの高い教材は全て用意されているので困ることはありませんでした。

 

ビジネス英語・TOEICへの対応について

 

 

ビジネス英語もTOEICも教材が用意されていて、ともに対応可能です。

 

また、講師の予約画面で「TOEIC対策が得意」「ビジネス英会話が得意」という絞り込みができるので、これらに該当する講師のレッスンを受けることができます。

 

QQEnglishの講師はレベルが高いため、「電話での応対の練習をしたい」のようにロールプレイング形式のレッスンを行うことで、ビジネス英語は特に強化がしやすいです。

 

無料体験レッスンについて

 

 

無料体験レッスンとして、1回25分のレッスンを2回受講することができます。

 

QQEnglishの無料体験レッスンの内容は、1回目がレベルチェック、2回目が学習プランの提案になっています。

 

無料体験レッスン終了時に、日本人のスタッフからスカイプでのアドバイスがありました。

 

日本語でスタッフと話すことができるので、英語力が現状ない人にとっては助かるシステムだと思います。

 

QQEnglishレッスン風景

 

QQEnglishを使った感想と評価を口コミ!

 

QQEnglishという名前を聞けば、オンライン英会話よりもセブ島留学をイメージする人もいるとおり、QQEnglishの運営母体はオンライン英会話だけでなくセブ島留学のサービスも提供しています。

 

このように本格的な英語の教育機関が運営母体であることがQQEnglishの大きな特徴で、これがレッスンの内容にも反映されています。

 

そもそもですが、オンライン英会話の運営会社は多種多様です。

 

QQEnglishやレアジョブのように英語教育の事業をメインとした会社もあれば、DMM英会話のように他の事業も行いながらその中の1つとしてオンライン英会話もやっているという会社もあります。

 

そして、QQEnglishのように英語の教育に特化した会社が提供するオンライン英会話に強みがあると私は感じています。

 

具体的には以下のような強みです。

 

QQEnglishの強み

 

 

  1. 英語教育のノウハウがある
  2.  

  3. 講師への教育がしっかりとなされているため、講師の質が高い

 

これらについて、私が実際にQQEnglishを受講した体験と交えながら説明していきます。

 

QQEnglishの英語教育のノウハウとしては、カランメソッドという学習方法を採用していることが大きな特徴です。

 

カランメソッドとは、今から50年以上前にイギリス人の英語講師が開発した学習方法で、これまで世界各国の400以上の英会話スクールで採用されています。

 

「生徒に考える隙を与えないほどのスピードで反復練習を繰り返し、英語脳を鍛える」というのがその定義です。

 

簡単に言えば、講師が高速の英語で質問を浴びせ、生徒がそれに対して瞬時に英語で回答をしていくという学習方法です。

 

講師が「Is this John?」というような質問を早口な英語でしてくるので、それに対して「Yes, he is.」や「No, he isn't. He is Tom.」のように決められた回答を瞬時にしていきます。

 

短時間で何度も何度も質問をしては、それに回答をするということを繰り返します。

 

このように高速な英語でのインプット・アウトプットを繰り返し行うことで、日本語で考える隙がなくなり、自然と英語で考えるようになる、その結果として英語の脳回路を作ろうというものです。

 

QQEnglishはこのカランメソッドの先駆けで、実際にQQEnglishのレッスンを受講すると、まさにこのようなレッスンが行われます。

 

レッスンがはじまると、自己紹介を簡単に済ませたらすぐに講師からの質問が飛んできます。

 

それに対して回答をすると、休む間もなく、また次の質問が飛んでくる、レッスンの終わりまでこの繰り返しです。

 

こんなレッスンでは、英語の初心者には無理かと思うかもしれませんが、初心者でも問題はありません。

 

なぜなら、以下のようにレッスンが設計されているからです。

 

カランメソッドが初心者にも大丈夫な理由

 

 

言葉につまった場合、間違った回答をしてしまった場合は、講師が正しい答えを言い、再度同じ質問が飛んでくる

 

レベル分けされているので、自分のレベルに合ったカランメソッドのレッスンを受けられる

 

そのため、生徒の英語力よりも、生徒がカランメソッドのレッスンを好むかが問題です。

 

カランメソッドのレッスンは、レッスン中はハッキリ言ってストレス以外の何でもありません。

 

これだけは強調しておきたいです。

 

「もっとゆっくりレッスンを受けさせてくれよー」「こんなペースじゃ身についているかも分からない」とレッスン中は誰も感じてしまいます。

 

また、高速でレッスンが進むため、1レッスン25分の密度がいつもの2倍、3倍にも感じ、終わったころには体がヘトヘトになります。

 

このようにストレスも疲労もあるレッスンだからこそ効果もあるのだと私は感じました。

 

実際にカランメソッドは英語学習理論に当てはめると、効果の高い学習方法だと言えます。

 

カランメソッドは、言い換えればクエッショニング(質問に回答する)という方法で、英会話を学ぶにあたっては王道的な方法です。

 

結局のところ、英会話とは相手との言葉のキャッチボールであり、いかにそれに対応するかが鍵になります。

 

この対応力を身につけることもできますし、インプット(リスニング)とアウトプット(スピーキング)の両方を同時に鍛えることもできます。

 

何より、レッスンの密度がとにかく濃いため、短期間での上達も可能です。

 

目安として、カランメソッドのレッスンを10回ほど繰り返し受講すれば、(実際に話す練習をした言葉のみですが)英語が口から自然と出てくる感覚が身につきます。

 

デメリットとしては、カランメソッドは使用する単語がレベルごとに決まっていて、ビジネス英語はいかなるレベルにも含まれていないということです。

 

つまり、カバーできるのは日常英会話のみで、ビジネス英語は別で学ぶ必要があります。

 

カランメソッドはQQEnglishならではの学習方法なので、気になる人はぜひ受講してみてください。

 

QQEnglishレッスン風景

 

続いて、講師の質についてです。

 

QQEnglishは、他のオンライン英会話と「講師の質」で差別化されていると感じました。

 

多くのオンライン英会話が、講師にフィリピン人を採用しています。

 

そして、各社の拠点を見ると、フィリピンの首都マニラ、ダバオ、QQEnglishのセブです。

 

フィリピン地図

 

この中でも、セブは特に教育熱心な地域で、フィリピン各地の中〜上流層の家庭の子供が勉強に来るそうです。

 

つまり、フィリピン1の教育地域の講師のレッスンを受けられるのがQQEnglishということです。

 

そのため、実際にレッスンを受講して、QQEnglishの講師には以下のような特徴があると感じました。

 

QQEnglishの講師の特徴

 

 

経験豊富で講師自身がレッスン慣れしている

 

講師が丁寧に説明をしてくれる

 

発音の良い講師が多い

 

英語の教育機関が運営母体であるゆえに、講師への教育をしっかりとしていることがうかがえましたし、前述のカランメソッドのレッスンを行うこと自体が難しいとおり、講師の質はピカイチです。

 

このように、全体として講師の質が良いのが特徴ですが、さらに講師の質が細分化されているのもQQEnglishの特徴です。

 

QQEnglishのレッスンはポイントという概念があり、講師によって消費するポイントが異なります。

 

同じ25分のレッスンでも、50ポイントを消費する講師もいれば、その1.5倍の75ポイントを消費する講師もいます。

 

消費するポイントが高い講師のレッスンを受ければ、受けられるレッスンの回数は減ってしまうという仕組みです。

 

当然のことですが、裏を考えれば、50ポイントの講師と75ポイントの講師の給料が同じはずはありません。

 

このようにポイント制によって、講師のやる気は上がり、結果として講師の質が高まっているのだとも私は推測します。

 

そして、ポイントの高い講師ほどレッスンの質も高くなります。

 

私は75ポイントの講師のレッスンを受講したとき、まるでアメリカ人の英語ネイティブの発音かと思うくらい発音の良い講師に出会いました。

 

私はオンライン英会話の受講歴が長いですが、このレベルの講師はなかなか出会えません。

 

ポイントが高い講師ほど経験があり、しっかりと教育されていて、質の高いレッスンを提供してくれます。

 

「それならばQQEnglishを使おう」と考える人が多いはずですが、単純にこれだけで決定するわけにはいきません。

 

もちろんですが、ポイントの高い講師のレッスンは消費するポイントが多いので、レッスンの料金が高くなるわけです。

 

一般的なオンライン英会話の標準的なレッスンは1回25分で200円程度であることを考えれば、QQEnglishの75ポイント消化の講師のレッスンはその3倍程度の料金になってしまいます。

 

つまり、講師に質を優先するか、それとも料金を優先するかということです。

 

料金を優先するのであればレアジョブやDMM英会話が良いですし、質を優先するのであればQQEnglishが良いでしょう。

 

考え方として、あなたが英会話の初心者で丁寧なレッスンを求めるのであればQQEnglishが適しています。

 

逆に、すでに初心者を脱出して、英会話の経験をたくさん積みたいと考える人は、レアジョブやDMM英会話などの安いオンライン英会話の方が使いやすいでしょう。

 

このような理由から、英会話の本当の初心者にQQEnglishはおすすめです。

 

QQEnglishレッスン風景

 

最後にですが、私はここで嘘を言うつもりは一切ありませんので、正直にお伝えしておきたいことがあります。

 

講師によって消費するポイントが50〜75ポイントと異なりますが、75ポイントの講師の割合はかなり低いです。

 

9割以上が50ポイントの講師です。

 

そのため、高品質なレッスンを受けることを目的に75ポイントの講師ばかりを予約するということは難しいと思います。

 

また、QQEnglishにも他社と同様に毎日何分というコースもありますが、このコースは講師の指名予約すること、75ポイントの講師を選ぶことができません。

 

特に講師の指名ができないことは、他社との大きな違いです。

 

このような理由から、QQEnglishを利用するのなら、月会費プランと呼ばれるポイント制のコースでの受講をおすすめします。

 

長々と説明してきましたが、QQEnglishはちょっと高級なオンライン英会話です。

 

英会話学校よりもだいぶ安いが、質の高いレッスンをそれなりの低価格で受けることができるというイメージです。

 

質の高いレッスンを求める人に最適なオンライン英会話なので、レッスンの量よりも質を重視するという人はぜひ体験レッスンを受けてみてください。

 

無料体験レッスンの詳細へ

 

QQEnglishレッスン風景